ミニモジ ミニミニモジュールレイアウトの製作記です。

最近の記事
仮配置
08/28 00:24
虹色電車が走る街
08/24 01:09
トラックプラン(単線…
08/14 22:19
サヨナラ運転会
09/07 05:51
鉄道模型のATC装置
02/08 19:53
ミニレイアウトでの運…
01/16 09:09
デカモジ1
01/14 16:12
最近のコメント
いい景色ですね。自分…
司 09/23 01:06
いい景色ですね。自分…
司 09/23 01:06
鉄道模型のATC装置…
中村 一夫 04/22 13:12
鉄道模型のATC装置…
中村 一夫 04/22 12:51
ズバリ、素敵な駅名。…
事務局長@ARC 03/04 22:34
先日の運転会レポート…
春栗友允 02/25 22:02
はじめまして。コメン…
Bey 01/31 02:06
はじめまして・・・…
GAKU 01/31 00:11
お買い上げありがとう…
事務局長@ARC 10/31 21:23
事務局長@ARC様も…
Bey 10/20 23:25
最近のトラックバック

トラックプラン(単線)

20100814
 ミニモジの単線モジュールのトラックプランです。運転会での基本ユニットをまかなえるよう1,240mm(310mm×4倍)長の交換駅2つとコーナー4つでエンドレスを組める台数を用意しています。サークルのメンバーのモジュールと合わせれば、どんどん大きなエンドレスを組んでいくことが可能です。

 最近はすっかり運転会もご無沙汰しています。8台ばかりのモジュールでも、広げれば2mを超える広さが必要ですからなかなか自宅での運転ともいきません。
ミニモジ | 投稿者 Bey 22:19 | コメント(0)| トラックバック(0)

サヨナラ運転会

20090907

 長年、運転会でお世話になってきた行政センターが建て替えられることになり、いつも使用してきた和室のでの最後の運転会となりました。新しい建物も出来上がっており、来月からそちらに移り、現施設は取り壊される予定です。

 和室はごろごろしながら、運転を楽しめるので重宝していましたが、他のサークルはあまり使用していない様子。なので、新施設には和室がありません。残念なことです。

20090907-2

 そんな次第で、サヨナラ和室の運転会の開催となりました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 05:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

鉄道模型のATC装置

20090208
 鉄道模型のATC装置という製品を購入しました。技研HOBBY倶楽部さんによるものです。写真は装置本体と説明書ですので、それだけを見てもどういった製品かはわかりづらいと思います。

 実際の鉄道のATCとは、少し違うかも知れませんが、鉄道模型のエンドレスで2列車を運転したとき、前の列車に後続列車が追いつきそうになると、自動的に減速して、追突を回避するものです。商品のページに動画もありますので、ご参照ください。

 今回、購入したのには、2つの利用目的がありました。どちらも複数の列車を走らせることは同じですが、1つはミニモジで列車の走行を鑑賞するとき、ベストポジションに位置取って、何種類かの列車が交互に来るのを楽しむこと。エンドレスに1列車では、同じ列車だけ見ることになりますし、DCCや制御なしに複数列車を走らせると、人手での制御が必要で、眺めっぱなしというわけにもいきません。もう1つは、減速だけでなく、停止閉塞付きのを注文し、駅停車をさせてみたかったのです。もちろん、前方に列車がいなければ、減速処理がされませんから、閉塞の切り方を工夫しなければなりません。

 さて、実際にクラブの運転会に持参して使用してみたところ、追突防止は本来の使い方どおりなので、問題なく使えました。駅停車は、編成中の動力車の位置などによって、ホームにドンぴしゃり止めるのは、なかなか難しい結果になりました。また、停車時間についても調整の課題は残りました。4閉塞仕様の商品を購入しましたが、駅停車に関しては3閉塞の仕様のほうがよいのかもしれまん。


ミニモジ | 投稿者 Bey 19:53 | コメント(2)| トラックバック(0)

ミニモジでの運転

20080808
 ミニモジはほぼA4サイズなので、何本も線路を並べるより、単線ローカルなものが似合います。複線規格もありになっているのですが、単線の作品のほうが圧倒的に多いのが現状です。
 さて、家で飾っておくだけでなく、時には持ち寄って運転会をするわけですが、単線エンドレスでは1列車しか走らせることができません。国際規格モジュールはなぜ3線あるのかを考えれば、多人数で運転を楽しめるようになっているんですね。
 そこで、単線でもみんなで運転する楽しみを持ちたいとして、考えられたのが交換駅モジュールとデュアルキャブコントロールです。最初はクラブ所有ということで2駅が作られました。駅の数だけ、動かせる列車本数が増えていくので、その後も、いくつかの駅が作られています。
 単純なエンドレスと違って、閉塞があるので、他の運転士とコミュニケーションをとりながら運転せねばなりません。そんな制約のある運転操作がまた楽しいのです。
ミニモジ | 投稿者 Bey 09:42 | コメント(0)| トラックバック(0)

近鉄22000系

20070404
 GREENMAXの近鉄22000系ACEを買いました。おそらく今年の再生産分ではなく前回ロットのもので、座席パーツなどついていませんでしたが、そのせいかお買い得な価格でした。
 早速、ミニモジにのせてみました。架線柱やアクセサリが入った箱を奥のほうにしまってしまったので、つけずに並べたのですが、写真を撮るといまいちしまらないですね。
ミニモジ | 投稿者 Bey 14:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

背景板

20080318-1
 ミニモジは奥行が浅いので、背景板を用意すると雰囲気が断然でてきます。今回は鉄道情景草案さんのサイトで配布しているものを印刷してみました。ただそのまま印刷した紙のままのを手で持って撮影しましたが、パネルに貼って高さを調整したほうがいいに決まっています。これも次回への課題ってことで。
20080318-2
ミニモジ | 投稿者 Bey 21:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

雪景色モジュール

20080317
 デジカメを新調しました。最近のはいろんな機能がついていますね。それで、クラブのメンバーが作成した雪景色モジュールを後ろ側から撮影してみました。首都圏色の気動車がチラと見えるのがいいのかな...と思いまして。
ミニモジ | 投稿者 Bey 13:43 | コメント(0)| トラックバック(0)

駅モジ(3)

20080316-1
 みどり駅の名称を頂戴した駅モジを持って、運転会に参加してきました。全体的に作りが荒いのですが、交換駅としての機能は十分にはたしてくれました。風景とはアンマッチですが、2本の留置線もあってよかったという感じです。

20080316-2
 クラブのメンバーから駅名標などのアクセサリの部品をもらったので、駅名をちゃんと印字して建ててみるつもりです。
ミニモジ | 投稿者 Bey 16:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

駅モジ(2)

20080226
 車輌を並べてみました。いつもの通り、それなりに風景ができてくると作業中断です。自分のデジカメが壊れてしまって、家族のものを借りて使っていますが、なぜか室内だとノイズが入りまくってしまいます。蛍光灯のせい?
 残りのベニヤ平原に植毛マットを貼って、コースターフを撒きました。田んぼのなかにポツンと側線つきの駅があるのも妙ですが、運転本位というところで。
ミニモジ | 投稿者 Bey 22:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブが雑誌で紹介されました。


 今日発売のN.誌でクラブが紹介されました。サークル紹介ってことなのですが、思い立ったようにしか活動していなかったので、なんとも...。あまり大きくないですが、ミニモジやメンバーが工作した車輌なんぞも載っています。
ミニモジ | 投稿者 Bey 13:55 | コメント(0)| トラックバック(0)

駅名募集中。

20080218
 ミニモジは基本が単線なので、複数の列車を走らせるためにいくつかの交換駅を用意しています。このモジュールは1月13日に行われたお座敷列車で運転会に合わせて作り始めたもので、当日は線路を敷いただけの状態でした。

 620mmサイズのボードを2枚使用した1240mm長で、4両編成のすれ違いができ、側線も2本つけました。バラストとカラーパウダーを撒いたので、そこそこな雰囲気が出てきましたが、最初が突貫工事だったため、ホームやポイントまわりなど、雑なところが多く、改修が必要そうです。

 ところで、モジュールの呼称のためにも駅名を付けてあげたいのですが、いい名称が思い浮かびません。というわけで素敵な駅名を募集中です。

 春栗友允さんによる1月27日に行われたミニモジ運転会のレポートがあります。こちらから。
ミニモジ | 投稿者 Bey 04:13 | コメント(2)| トラックバック(0)

長電2500系とデッキガーターモジュール

20080201
 長野電鉄2500系(かな?)と、久々に運転会に登場したデッキガーターモジュールです。車輌もモジュールもそれぞれARCメンバーによる作品で、なかなかいい雰囲気がでています。
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

デュアルキャブコントロール

20080129-1

 単線モジュールではデュアルキャブコントロールを採用し、1エンドレスで2列車同時運転が楽しめます。エンドレスは、絶縁ジョイナーで閉塞を切り、それぞれの区間ごとに給電できるようになっています。パワーパックは2台用意し、閉塞ごとにどちらのパワーパックから給電させるかトグルスイッチで選択できます。

 今回は交換駅が2駅ですので、本線駅間は左半分・右半分で2つ。駅上下線でこちらは計4閉塞になりますが、それぞれのパワーパックを外回り・内回りとして使うので、実際に操作するスイッチは本線の2箇所だけになります。自分の列車がその区間に進入するとき、スイッチを自分側に切り替えると覚えておけば事足ります。

20080129-2

 DCCでは、給電操作は簡単になりますが、まだまだデコーダー未装着車の方が多い現状。それになぜがDCCをすると台車が溶け出すことが...。なので、デュアルキャブコントロールも捨てたものでもありません。

 単線運転とはいえ、駅で2列車が交換してゆく風景は、見ていても運転していても楽しくあります。

ミニモジ | 投稿者 Bey 14:52 | コメント(2)| トラックバック(0)

ミニモジ新作

20080128-1
 新作モジュールとしてコーナーモジュールを3作品持ち込みました。まず、ひとつめは、しろかき段階の水を張った状態のたんぼ。リキテックスのグロスポリマーメディウムで水を表現しました。3回塗り重ねましたが、ベースのでこぼこさが出てしまって、水面が鏡になるような水の張り方になりませんでした。周囲を目止めして、リアリスティックウォーターや透明シリコンを流し込んだほうが、よかったのかもしれません。

20080128-2
 もうひとつは、ポプラ並木。並木側にもうすこし草を植えたかったのですが、この状態での持ち込みです。次の運転会までには、もうすこし植えましょう。しかし、実際に車輌が走ると雰囲気はでています。写真の車輌はクラブのメンバーが製作したキハ53です。

20080128-3
 それから製作途中の交換駅です。単線モジュールなので、交換駅をもうけて2列車運転できるようにしています。ここまでの制作期間は約2週間ですが、運転会がなかったらここまで進まなかっただろうと...
ミニモジ | 投稿者 Bey 22:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

新春のミニモジ運転会

20080127-1
 新春のミニモジ運転会をおこないました。昨年11月におこなった運転会が好評で、その後も何人かの方々がミニモジを作成してくれました。今回はそれらの作品を加え、35台のミニモジが集合し、いつもより盛大になりました。

20080127-2
 単線仕様のエンドレスの内側に複線仕様のエンドレスを配置しました。単複おりまぜて接続することも可能ですが、今回は別々にして同時に運転できる列車数を増やしました。

ミニモジ | 投稿者 Bey 18:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

お座敷列車で運転会

20080113-1

 新年会をかねた新春料理列車に参加してきました。主宰者から団体列車で貸切なので、車内で運転会をしてみないかとお誘いがあり、ミニモジを持っての乗車になりました。
>>続きを読む“お座敷列車で運転会”
ミニモジ | 投稿者 Bey 19:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

ポプラ並木

20080108
河合商会の情景シリーズ「ポプラ」を使って、ポプラ並木にすべく植林してみました。が、少しさみしいです。もうすこし、植えないと。
ミニモジ | 投稿者 Bey 23:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

たんぼの製作

20080106
グロスポリマーメディウムを2回塗ってみました。そこそこ厚みが出ましたけど、もう一回くらい塗ったほうがいいかも。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

コーナーモジュール作成

20071231
 年末ですが、モジュールを作っています。11月の運転会が好評でしたので、1月にも催す由。今度こそは新作を持ち込みたいと思っています。
 作っているのはコーナーモジュールで、田植え前の水を張った状態の表現を目指しています。とりあえず、川を作ったときに利用したグロスポリマーメディウムを塗ってみました。果たして、それっぽく見えるようになるでしょうか...
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:57 | コメント(0)| トラックバック(0)

新作モジュール発表運転会

20071125
 で、結局、自分は新作を完成させて持ち込むことはできなかったのですが、クラブメンバーの多くは、新作モジュールを完成させてきました。いきつけの模型店がミニミニモジュールパネルを販売してくださったので、新たな参加者も加わり、また、10年ぶりに当時RMM誌に掲載された作品を持参したメンバーもいました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 02:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

ミニミニモジュールパネル売ってます!

20071014
 いきつけの模型店に行ったら、売っていました。ミニミニモジュールパネル。
 こういった機会があると、刺激になります。興味を持った方々が購入されていった由。
 期限がないとなかなか手の進み具合が遅いようですので、ここはサークルで運転会を催して、発表の場とさせていただきましょう。いままで思いついたくらいにしか運転会をしてなかったから、なかなか都合があわなかったのかもしれません。
 自分もこれに合わせて新作を作りたいですね。

ミニモジ | 投稿者 Bey 01:36 | コメント(3)| トラックバック(0)

ビスタカー

20070618
 久しぶりに車両を購入しました。いきつけの模型店に行っても、レイアウト資材や線路ばかり購入しているので、予約をしてまで購入したのは自分としてはめったにない行動です。
 早速、ミニモジにのせて鑑賞会です。ホントは走らせたいのですが、部屋が散らかっていてスペースがとれず...。クラブの運転会まで走行はおあずけですかな?
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

ウェザリングマスター&パステル

20070529
 川モジュールの続きです。モーリンの川製作キットをつかって、それなりのものができたところにカトーのデッキガターを架橋するわけですが、あまりにピカピカだったので、まわりから浮いてしまいます。
 そんなわけで、ウェザリングマスター&パステルを使って経年感を出そうとしました。あるテレビ番組で貨車のウェザリングにパステルを使ってたのを見た影響で。
 自分は作業が大雑把なので、途中であまり考えなくなって、ザックリ塗りをしてしまいました。リアルなのかどうかわかりませんが、ピカピカよりマシ程度になりました。普通に塗料で塗ったほうがよかったかも....後悔。

ミニモジ | 投稿者 Bey 23:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

樹木(2)

20070528
 針葉樹の続きです。合成ゴム系の接着剤で、コースターフをくっつけます。キットに付属のだけでは足りなかったので、買い置きのものを混ぜました。
 今月は仕事が忙しくて、あまり工作できなかったので、息抜きにちょうどよかったかもしれません。

ミニモジ | 投稿者 Bey 01:56 | コメント(0)| トラックバック(0)

樹木

20070511
 針葉樹をねじってました。今進めているミニモジに使うわけではないのですけど。思いつきで作り始めてしまいました。
 それにしても、この樹木キットってよくできていると感心させられます。プラスティック製の幹の適度な柔らかさとか、枝の間隔とか、樹木の高さとか。
 そういえば、クラブのメンバーが4袋ほど使って、リアルな防雪林のあるモジュールを作っていました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 13:28 | コメント(1)| トラックバック(0)

牧草地帯?

20070428
 ターフでベースになる草地を作ります。このままだと牧草地みたい。
ミニモジ | 投稿者 Bey 04:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

つづいて地面

20070427
水面の工作はひとまず終わって、周りの地面を工作していきます。薄茶のパウダーを撒いて地面のベースにします。
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

水の表現(6)

20070426
 しばらく経過してしまいましたが、プレンデッドファイバーが乾きました。結構塗りすぎたかな?河原の具合に比べて、すこし流れが速めな様子になってしまいました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 03:10 | コメント(0)| トラックバック(0)

水の表現(5)

20070418
 仕上げとしてプレンデッドファイバーを筆塗りしました。波頭用と書いてあり、これは乾燥しても半透明なので、並みの頭の白いところに見立てられるようです。写真は乾燥前なので、色が白く激流のように見えますが、はたして、乾燥するとどんな按配になるのでしょうか。
ミニモジ | 投稿者 Bey 13:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

水の表現(4)

20070414
 ジェルメディウムが乾燥すると、グロスポリマーメディウムだけでは平らだけだった川面が変化して見えてきました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

水の表現(3)

20070413
 次はジェルメディウムで波を表現します。RMM123号によれば、塗り重ねることにより水深を表現できるそうで、川の流れに沿うように塗ってみました。これも乾燥を半日待ちます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 02:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

水の表現(2)

20070412
 グロスポリマーメディウムが乾きました。透明で水っぽい感じになります。グロスポリマーメディウムは水平流れますので、Rストーンで作った川底のいい加減な盛り上がりが目立ってしまいました。アクリル絵の具の色調は落ち着いて見えますが、周りの地形つながりと深さの色合いが合わないかも
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

水の表現(1)

20070410
 グロスポリマーメディウムを使って水の表現をします。透明感と艶を出すことによって水っぽさを表現することになります。RMM誌123号の記事によれば、色調が落ち着いてくるみたいですが、なんともアクリル絵の具の色調がまわりより浮いているように見えてしまいます。川の深さと色合いがあっていないのかな。
 塗ったばかりなので、まだ白色です。乾燥には半日くらいかかるとのこと。明日にはどんな風になっているのでしょうか。
ミニモジ | 投稿者 Bey 23:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

川底の着色

20070409
 RMM誌123号の記事を参考に川底を着色します。色調はあとで落ち着いてくるとのことなので、原色バリバリの付属のアクリル絵の具にいくつかの色を合わせて着色しました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

石撒き

20070401
 モーリンのストーンを撒いていきます。水面製作素材セットに入っていたものだけでは足りなかったので、買い置きしておいたRストーン河原の石(大・中)も使いました。RMM誌123号の記事を参考に作業を進めていきます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:20 | コメント(0)| トラックバック(0)

地面に色塗り

20070331
 プラスターで整えた地形に、アクリル絵の具で色を塗ります。100円ショップで売っていた茶色で塗りましたが、ちょっと赤目が強くて、関東ローム層のような感じになってしまいました。ほとんど、緑で覆ってしまう予定なので、大体の色に塗ってあればよしと進めます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 09:52 | コメント(0)| トラックバック(0)

地形作り(3)

20070330
 そして、地形の仕上げにプラスターを塗ります。表面を覆うだけなので、すこし水っぽく溶いて、筆で塗ったくります。河原はストーン類で、土手はフォーリッジクラスターたターフで埋める予定なので、大雑把に作っていきます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 15:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

地形作り(2)

20070329
 次にキッチンペーパーを貼っていきます。製品を使えばプラスタークロスもありますが、今回は、手元にあった素材で間に合わせます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 12:54 | コメント(0)| トラックバック(0)

地形作り(1)

20070328
 続いておおまかな地形を作っていきます。アンコとして新聞紙を丸めて詰めていきます。地形のベースには発泡スチロールを使うことが多いのですが、小面積で、高さもあまりないので、新聞紙でも十分に用が足ります。
ミニモジ | 投稿者 Bey 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

川の習作(2)

20070327
 複線プレートガーターを使ったミニモジ作りの続きです。またまたけっこうな期間、放置されていました。
とりあえずベニヤを使って、線路を敷く部分を作ります。
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

台枠塗り

20030323
 モジュールレイアウトは台枠を塗るといっそう引き締まります。以前、RMM誌にて連載していた国際規格モジュールではグレーに塗ることを推奨していました。我がミニモジではカインズグリーン塗装で統一しています。緑多い日本の風景を切り取った場合、断面色も緑系が無難なのではないでしょうか。もっともカインズグリーンという色名は自分が勝手に呼んでいるところで、こういう色名があるわけではないのでご了承を。
 さて、天気もよかったので、未塗装だった3台のミニモジの台枠を塗りました。実は塗装に使ったペンキは5年前にCH店で購入したもの。台枠しか塗らないので、小さい缶を買ったにもかかわらず、いまだに使い切っておりません。水性塗料なので水を継ぎ足していると、今でも固まることなく、十分に用を足しています。この1缶を使い切るには後何台ミニモジを作れるのでしょうか。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:51 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハエタタキをたてて

20070316
 仕上げにハエタタキを植えました。走っている列車が電車なので、ちょっと微妙ですが、簡単な工作ながらそれなりの雰囲気のするモジュールができあがりました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 19:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

フォーリッジであぜ道

20070315
 植毛マットの間にフォーリッジであぜ道を作ります。近所の田んぼではこんなにきれいに草だったところはないのですが、イメージ先行型で、帯状に切ったフォーリッジを貼っていきます。簡単工法ってことで。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

植毛マット

20070314
 植毛マットを貼るといっきにイメージがわいてきます。ととのいすぎる感がありますが、工作が簡単になるのはありがたいことです。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

バラスト撒き

20070313
 ベースボードに台枠(?)をつけ、バラストを撒きました。台枠といっても高さをあわせるだけのもので「枠」になっていないのが、ちょっと手抜き気味。
 バラストを撒くのはユニトラックよりもフレキシブルレールの方が断然、作業しやすいので今後のモジュール作成にはフレキシブルレールを活用したいところ。
ミニモジ | 投稿者 Bey 22:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

単線コーナー作り

20070312
 以前、単線の直線モジュールで、植毛マットを使って、簡単にそれなりの雰囲気のあるモジュールが作成できましたので、今回はそのコーナー版に挑戦です。
 とりあえず、ベニヤを切り出してきて、フレキシブルレールを敷きました。接続面はユニトラックの道床を使っています。今回は忘れずに、線路を軽く塗装しました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 07:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

メンバーの新作

20060311
 クラブのメンバーの新作モジュールです。ひまわりの咲いている初
夏をイメージしている作品です。
 最初は自分の田んぼモジュールのように植毛マットを使って田んぼ
を表現しようと試みたそうですが、ひまわりのキットを入手したので
、季節も初夏に変更。稲がもうすこし成長したイメージにすべく人工
芝に素材を変更したそうです。
 それにしても、しばらく工作の手が止まってしまっていました。久
々にクラブで運転会があったので、これを機会にまたボチボチと工作
をしていきたいと思います。
ミニモジ | 投稿者 Bey 22:27 | コメント(0)| トラックバック(0)

川の習作

20061221
 ここのところ、なかなか工作ができませんでした。今度は川のあるモジュールを作ってみたくて、KATOの複線プレートガーターとモーリンの水面製作素材セットを買ってきました。
 以前にも川のある風景を作ったことがあるのですが、そのときは木工用ボンドを何重にか塗って水面をつくりました。今ではシーナリーの製作キットもセットで発売されていて便利ですね。
ミニモジ | 投稿者 Bey 14:16 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(10)

20060917
 単線のコーナーモジュールです。バスケットボールが入っていた箱の波板が畑に程よかったので、作成しました。今回の運転会では唯一参加の単線コーナーです。単線のコーナーか単線・複線を変更できる信号所をもっと作りたいところ。
 初期の単線コーナーは310mm×310mm(路モジと同サイズ)で、R249を使っていましたが、編成ものを走らせると非常に厳しいかったです。そんな訳で、最近はあまり持参するメンバーがおりません。
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:38 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(9)

20060915
 唯一、建物が建っているコーナーモジュールです。自分は直線もコーナーも620mm×220mmをベースに作成しています。コーナーは4角を斜めにカットしたかたちですね。直線ですら、建物の置きようには工夫を要しますが、線路が斜めに敷かれるコーナーではなおさら建てられる面積も減ってしまいます。
 カットは架線柱を立てる前で、実際にはこの後、TOMIXの鉄骨架線柱を立てて運転をしました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(8)

20060904
 きりとおしの複線コーナーです。このモジュールを製作したのもかなり前のことです。実はTOMIXの583系が発売されたときの広告のジオラマを見て、作りたいと思ったものです。このモジュールともうひとつの内側が山になっているモジュールをSコーナーに繋げるとかっこいいのですが、エンドレスを組む都合上、なかなか連続して接続することはありません。
 しかも、もとの広告のジオラマのイメージに触発されてはいますが、できたものはまったく別物と言えましょう。
ミニモジ | 投稿者 Bey 21:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(7)

20060830
 久々に出してきた滝谷駅モジュール。ダイヤ運転会で終着駅に使おうと目論んで製作しましたが、複線モジュールにも接続できます。この駅はデュアルギャブコンを前提に製作されているので、裏側がフィーダーだらけなのが欠点でしょうか。620mm×2+310mmで6両編成対応です。
ミニモジ | 投稿者 Bey 19:26 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(6)

20060829
 複線の直線築堤を走っているカットです。7月に製作記で何度もブログに載せていますが、今回は運転会で列車が走っています。ミニモジはかざってもよし、繋げて走らせてもよしってところでしょうか。
ミニモジ | 投稿者 Bey 11:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(5)

20060827
 複線モジュールの接続のカットです。こちらは、コーナーから築堤・築堤・築堤と連続して同じテーマの接続になりました。作った時期によって色調や素材が違っており、それぞれ個性があります。
 架線柱しか線路面より上に出ている構造物がないので、景色としてのしまりはないですね。列車はよく見えますが。
ミニモジ | 投稿者 Bey 15:06 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(4)

20060821
 モジュール自体はそれぞれ1枚づつで完結しているものですが、写真のように畑・林・田んぼとつづいて接続すると単体とはちがった面白い風景が展開されます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:44 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(3)

20060819
 単線モジュールの写真です。コーナーモジュールがひとつしか集まらなかったので、ユニトラックで接続してのエンドレス運転になりました。古参の駅モジュールは色が退化しているため修復を実行中です。
ミニモジ | 投稿者 Bey 18:15 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(2)

20060818
 こちらもクラブメンバーの製作途中のモジュールです。310mmサイズのモジュールで、テーマも同じ水田だそうですが、いままでの作品群が人工芝を貼った初夏イメージであるのに対し、まだ水が張ってあるままのイメージを再現したいとのこと。

ミニモジ | 投稿者 Bey 16:41 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会から(1)

20060817
 クラブメンバーの製作途中のモジュールです。水田の中のちょっとした盛り土区間を製作中。列車の撮影地にはもってこいな感じの地形を目指しています。
 長さは620mm×2モジュールで、8両編成くらいのせられます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 13:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブの運転会

20060815
 今日はクラブの運転会がありました。ミニモジで複線エンドレスと単線エンドレスの2つのループを作って、列車を走らせました。
 製作途中の駅モジュールはいまだに納得いく配置が決まらず、ベニヤ平原のままの参加です。
 来月は、ご近所サークルのARC(赤城れいるかんぱにぃ)主催のダイヤ運転会があるとのこと。参加の打ち合わせもしました。

ミニモジ | 投稿者 Bey 21:13 | コメント(0)| トラックバック(0)

ストラクチャー配置中

20060723
 どんな配置にするか考え中です。
 4両編成を停まらせたいので、前回あった踏切はやめて、端から端までホームにしたいと思ってます。
 ちょっと狭苦しい感じを出したいのですが、地形にすこし段差をつけるか、建物を追加するか考えどころ。なかなか決まりそうにありません。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:32 | コメント(0)| トラックバック(0)

ミニミニモジュールとは

20060713
 RMM誌1996年2月号に紹介されたミニミニモジュールは、家では愛車の展示台、お声がかかればつなげて運転会…。一石二鳥を目指して企画されました。手軽に、挫折する前に完成できる310×200mmサイズというのが特徴です。かれこれ10年も続けているんですね。
>>続きを読む“ミニミニモジュールとは”
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

駅モジュール

20060710
 以前、620mm×300mmの駅のジオラマを作りました。駅といっても、ポイントは1つもない対向式ホームが2つあるだけの構成です。
 このストラクチャー類を使って、ミニミニモジュールで作り直したいと思います。
ミニモジ | 投稿者 Bey 05:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

キハ20購入

20060708
 キハ20を購入しました。田んぼモジュールにはこういう車両のほうが似あうと思いまして。1000円以内で購入できたというのも魅力ですね。

>>続きを読む“キハ20購入”
ミニモジ | 投稿者 Bey 13:44 | コメント(1)| トラックバック(0)

直線築堤をもう1枚

20060705
 というわけで、写真をもう1枚。
 もう1モジュールくらい築堤があってもいいかもしれません。
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:11 | コメント(0)| トラックバック(0)

直線築堤の反対側から

20060704
モジュールとしてつなげると、本来はこっちが表側に向きます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

草を生やせて

20060703
 コースターフをを使って草を生やせます。植毛マットの切れ目のボロ隠しです。
 道路にはガードレールを設置しましたが、これもまた、いい加減にやっていて揃っていません。
 小物類が付いてくると、ある程度の形になっちゃうもんですね。まあまあ見られるモジュールになりました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 04:48 | コメント(0)| トラックバック(0)

眺めてみたり?

20060702
 ジオラマ作りをしている方は経験があるともいますが、ある程度風景ができてくると車両をのせて眺めてしまいませんか?
 ついつい工作をする手が止まってしまいます。
 コースターフを使って草を生やしている作業中についつい車両ケースを取り出して並べてしまいました。自己満足中?
ミニモジ | 投稿者 Bey 07:37 | コメント(0)| トラックバック(0)

舗装道路づくりの続き

20060701
 とりあえずサンドペーパーをかけて、平らにしてにしてみました。通常のプラスター作業なら、この後、表面を塗装するのですが、いわゆるカラープラスターだから塗っちゃだめですよね。きっと。
 プラスターの場合は、表面の粉剥げ防止の意味もあって、木工ボンド入り塗料を使っていました。ボンド入り墨汁がその後の塗料ののりがよく、表面コートしてくれるので好きだったのですが、最近はやりませんねぇ。まだ使ったことないですけどアンダーコートなる製品もあるようで。
 ラインは普段はラインテープを使うんですけど、今回はホワイトマーカーで塗ってしまいました。やはりシーナリーサンドは剥がれそう。トップコートでも吹いたほうがいいですかね? 
ミニモジ | 投稿者 Bey 00:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

田んぼモジュール(4)

20060629
 田んぼモジュールの別角度からのカットです。乗っている車両がアレですけど、これはこれでいい雰囲気のような気がします。
ミニモジ | 投稿者 Bey 18:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

シーナリーサンド252

20060628
 直線築堤モジュールではモーリンのシーナリーサンドが乾きました。アスファルトというよりは、コンクリートみたいな色調になりました。
 RMM誌123号の記事にしたがって、工作を続けようとすると、あれ?使用素材がクラフトサンドになってる。シーナリーサンドとクラフトサンドって別物かしら?
 成り行きに任せて、次はとりあえずサンドペーパーをかけてみます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 07:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

ハエタタキ

20060627
 架線柱ベースを入れておくのを忘れてしまいました。車両は電車ばかりを持っているので、いままでのレイアウトはほとんど架線柱を立てていました。
 クラブのメンバーが「それならハエタタキ立てたら?」というので、一昔前の非電化区間よろしくハエタタキを植えてみました。今回使ったのは、津川洋行製の電柱で、本来なら塗装してプラ艶を消したいところですが、そこは手抜きでそのまま設置。
 ちょっと古めの気動車や旧客なんぞをおいたら、けっこうな雰囲気がでるのではないかと思いますが、あいにく手持ちはないので、ローカル風の電車を置いて写真を撮ってみました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 01:09 | コメント(0)| トラックバック(0)

田んぼモジュール(3)

20060625
 バラストを撒きました。フレキシブル線路を使用したのは久しぶりなのですが、ユニトラックに比べて作業がかなり楽です。もっともユニトラック自体はバラスト成型済みですから、撒くことはまったく考慮されていないのでしょうけども。同じ道床付き線路でもTOMYのは、枕木の出が多い分、いくぶん撒きやすいように思います。
 接続部のみユニトラックにすれば、ほかのモジュールとの接続も問題ないので、今後のモジュール作成にはフレキシブル線路を活用するのもいいかもしれません。

ミニモジ | 投稿者 Bey 03:12 | コメント(0)| トラックバック(0)

単線の築堤モジュール

20060621
クラブのメンバーが作ったモジュールです。築堤の高さは約2cmなのですが、それなりの高さを感じさせます。架線柱を緑に塗ったせいか、上越線みたいだね~と評判でした。


ミニモジ | 投稿者 Bey 07:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

田んぼ(2)

20060620
もうひとつ、このモジュールは線路にフレキシブルレールを使いました。接続の関係でユニトラックをクラブでは用いているのですが、路モジの記事にあったように接続部だけ、ユニトラックのレールを抜いたものを用意し、フレキシブルレールを差し込みました。これでバラストが撒気やすくなったと思います。
ミニモジ | 投稿者 Bey 07:02 | コメント(0)| トラックバック(0)

田んぼ(1)

20060619
これも植毛マットを使ってみました。以前どこかで見た工法を試しにやってみたものです。台枠は以前から用意してあったの使ったので、ここまでの工作で約30分でできました。
あぜ道はフォーリッジを帯状に切ったものです。植毛マットとフォーリッジを貼っただけなので、ほんとに簡単なのですがそれなりの雰囲気がでました。

ミニモジ | 投稿者 Bey 02:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

直線築堤(3)

20060618
逆側は、築堤の途中に道路を作ります。
モーリンのカラープラスターを使ってみました。これも初めて使う材料です。写真はまだ乾いていないので、テカテカしています。
ミニモジ | 投稿者 Bey 19:47 | コメント(0)| トラックバック(0)

直線築堤(2)

20060617
やっと工作が進みました。と言ってもほんの少しだけ。クラブの工作会での作業です。仲間と集まってワイワイ工作するのは楽しいですね。
まずは、KATOの植毛マットを貼りました。初めて使ってみた材料です。そのまま貼るだけなので、貼ること自体は難しくなかったのですが、グリーンがあまりにもきれいなので、周りの風景との継ぎ目をうまく処理できるか考え物です。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:45 | コメント(0)| トラックバック(0)

直線築堤(1)

20060602
直線の築堤風景を作り始めました。ユニトラックにバラストをまくところからスタートですが、もともとバラストをまく用に作られていないユニトラックへのバラスト散布作業はいちばんしんどいかもしれません。
築堤コーナーのときは、発泡スチロールを三角にカットして、プラスター仕上げしましたが、今回はスチレンボードを斜めに貼って、中は空洞です。いままでのようにコースターフ仕上げでなく、植毛マットを使ってみたいと思ってます。
ミニモジ | 投稿者 Bey 20:05 | コメント(0)| トラックバック(0)

築堤複線コーナー

20060601
先月製作した築堤の複線コーナーモジュールです。クラブ規格直線モジュールの2倍サイズを六角形にして複線コーナーにしました。従来ユニトラックR249を使用していたのが、R381とR348の組み合わせになり、風景が作りやすくなりました。
ミニモジ | 投稿者 Bey 21:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

ジオラマつくり再開

20060528
最近、ミニミニモジュール作りを再開しました。ボチボチやっていますので、遅々として進まないのですが、経過を掲載していこうと思っています。
ミニモジ | 投稿者 Bey 10:24 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]