ミニモジ ミニミニモジュールレイアウトの製作記です。

最近の記事
仮配置
08/28 00:24
虹色電車が走る街
08/24 01:09
トラックプラン(単線…
08/14 22:19
サヨナラ運転会
09/07 05:51
鉄道模型のATC装置
02/08 19:53
ミニレイアウトでの運…
01/16 09:09
デカモジ1
01/14 16:12
最近のコメント
いい景色ですね。自分…
司 09/23 01:06
いい景色ですね。自分…
司 09/23 01:06
鉄道模型のATC装置…
中村 一夫 04/22 13:12
鉄道模型のATC装置…
中村 一夫 04/22 12:51
ズバリ、素敵な駅名。…
事務局長@ARC 03/04 22:34
先日の運転会レポート…
春栗友允 02/25 22:02
はじめまして。コメン…
Bey 01/31 02:06
はじめまして・・・…
GAKU 01/31 00:11
お買い上げありがとう…
事務局長@ARC 10/31 21:23
事務局長@ARC様も…
Bey 10/20 23:25
最近のトラックバック

ARCダイ運(3)

20060929
 2フェーズ目は、飯田町駅の駅長を拝命しました。この運転会に使用している両毛本線・上野田(うえんだ)線の配置図はこちらを参照してください。

 飯田町駅は両毛本線の終点側のターミナルですが、途中の大門駅から単線に、山川市駅で上野田線と系統が分かれるので、折り返す列車はわずか。ダイヤでも乱れない限り安定した職場です。

 写真にある運状表と運行図表を参照しながら、運転士に出発指示を出します。閉塞確認も、隣の大中寺駅は無人なので山川市駅へ送るだけです。大門駅を大幅に遅れてきた列車の交換駅指示を1回変更しただけで、2時間無事に過ごせました。

 そいうえば、前に参加したダイウンでは発車ベル音を用意して雰囲気を盛り上げたのですが、今回は用意するのをすっかり忘れてました。次回は忘れずに持参しないと。

 ともあれ、多人数を使ったこのような鉄道模型の楽しみ方はまさに「大人の電車ごっこ」です。マンパワーがかなり必要ですので、ARCさんでも5年ぶりの開催になりました。次回もぜひ参加したいです。

ダイウン | 投稿者 Bey 10:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

ARCダイ運(2)

20060926
 さて、1フェーズ目は運転士で参加しました。運転しながら写真撮影はできなかったので、写真は運転前の大門運転所です。というか、みなさんいつ撮影していたんでしょう?自分は運転や駅務に夢中でほとんど撮れませんでした。写真ありのレポートをご紹介します。

 赤城れいるかんぱにぃの公式レポートはこちら
 春栗友允さんによるレポートはこちら

 運転士は出社?すると点呼をとられます。助役さんと本物さながらのやりとりをして、スロットルをもらいます。そして、運転所に向かいます。
 運転所では、起動試験をして、信号係に従って出区。自分の行路はディーゼルカー専門だったので、支線に向かって運転をすすめます。
 今回は9行路あって、特急ばかり乗れる人や、いろんな種別をこなせる人などいろいろいましたが、自分の行路はとても閑散とした線区のダイヤ。キハ52などの5連で出発しましたが、駅長と相談しつつ、ダイヤの合間を縫って、切り離し、増結と指示にない遊びもしちゃいました。
 いったりきたりだけの支線運用を終わると、運転所へ入区。助役の点呼をうけて、終了です。トラブル続出で乱れた本線ダイヤと裏腹に平凡な1日を終えました。

 2フェーズ目に続く...
ダイウン | 投稿者 Bey 10:04 | コメント(0)| トラックバック(0)

ARCダイ運(1)

20060924
 昨日、サークル「赤城れいるかんぱにぃ」(以下、ARC)のダイヤ運転会が行われました。クラブのメンバーと一緒に参加してまいりました。
 運転指令・助役・運転士・駅長とそれぞれ分担して行う実物さながらの運転です。1フェーズは2時間で2フェーズを行いました。
 駅数は10駅、そのうち半分は信号扱いをしない無人駅です。有人駅では駅長がポイント操作と、運転士への出発指示を出さねばなりません。
 また、運転士は9行路あり、それぞれの行路を運転します。
 私は、1フェーズ目は運転士、2フェーズ目は駅長の役をさせていただきました。このレポートは次回......

ダイウン | 投稿者 Bey 11:49 | コメント(0)| トラックバック(0)

クラブのダイウン(2002年より)

20060911
 クラブでもダイヤ運転会を開催したことがありました。先日、書いたように「呼びかけ閉塞方式」で行ったこともありますが、写真は2002年におこなわれたDCC方式によるダイヤ運転会です。
 Digitrax社の製品を用いています。閉塞を切らずに複数列車を運転できることと、Ir(赤外線)通信を用いて、コントローラーから信号を送れることがメリットです。

>>続きを読む“クラブのダイウン(2002年より)”
ダイウン | 投稿者 Bey 01:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

ダイヤ運転会

20060910
 今月は友好関係にあるサークル「赤城れいるかんぱにぃ」のダイヤ運転会があります。通常、鉄道模型の運転会は、持ち込んだ車両を組み線路やレイアウト上を単純に走らせることが多いのですが、ダイヤ運転会では実物の鉄道同様、ダイヤを設定し、それに則って、運転を行います。
 写真は2000年に開催されたときのダイヤグラムと配線図です。約25名の参加者が呼びかけ閉塞方式という方法で運転を行いました。

20060910-2
 呼びかけ閉塞方式とは、1閉塞を1パワーパックに接続し、それを一人の運転士が担当します。ひとつの列車が始発駅から終着駅に向かって走ると、何人もの運転士を経由してゆきます。前の運転士から、もしくは次の運転士に列車を引き渡すとき、「○○列車、定時運行、3ノッチでお願いします」というように「呼びかけて」次の「閉塞」担当に列車を引き渡すことから、「呼びかけ閉塞方式」と呼ばれています。
 今年は1列車、1運転士方式でおこなうとの話なので、どんな運転会になるか楽しみです。


ダイウン | 投稿者 Bey 00:48 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]